フィットネスクラブ スポーツクラブ  コ・ス・パ

  • WEBからのご入会
  • お問い合わせ・資料請求
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

健康LABO

1日の水分補給について

2017年05月15日

こんにちは、販売促進チーム三浪です。
今回は、
 水分補給  についてお話しさせて頂きます。水素水ボトル

通常1日に1.5~2リットルの水分補給が必要であり、これは食事で取れる水分を除いて補給が必要な量といわれています。
体温の調整や老廃物の排出など、発汗、尿、便によって、多くの水分が排出されますので、排出された分の補給が必要というわけです。
男女の差はありますが、成人で体重の60%が水分であり、主に血液、筋肉に蓄えられています。
血液中の水分が少なくなると血液循環の効率は悪くなり、からだの隅々まで血液が流れにくくなります。
また筋肉の水分が少なくなると、筋収縮がスムーズに行えず、痙攣を起こす事にもなりえます。
私たちの体は、痛み、寒さによる震え、発熱など、いろいろな症状で体の危険を知らせてくれますが、「喉が渇く」という感覚もその一つであり、すでに脱水症状が起こっている状態で、体の水分が足りていないということです。
運動や通勤での移動など身体活動をしていない時でも、生命維持のために心臓、肺、などの各臓器が働き、常に代謝が起こり、エネルギーの消費が行われています。そこには必ず体に蓄えられた水分が必要というわけです。


 では、いつどれくらい飲めば良いのでしょうか。 

1日の水分補給 
就寝中の発汗は通常200mlと言われています、まずは朝起きてコップ1杯のお水を飲みましょう。
さて、1日に1.5Lを補給するとして、朝、昼、夜の食事の間での補給を考えた場合、朝食から昼12時までに500ml、昼食後から夕食までに600ml、夕食後から就寝までの代謝が下がる時間には400mlを補給し、特に入浴後は必ずコップ1杯の水分補給を心がけてください。
また、コーヒー、アルコールを飲まれた際など尿による排出が促されるため、特に水分補給を意識しましょう。

これから気温も上がり、汗をかく量も増えてくる季節です。
先ほども述べましたが、「喉が渇いた」と感じた時点で、すでに脱水状態です。
水分を補給し体に吸収されるには30分程度はかかりますので常に意識し、体の水分を保ちましょう。

 

 

一覧に戻る

PAGETOP