フィットネスクラブ スポーツクラブ  コ・ス・パ

  • WEBからのご入会
  • お問い合わせ・資料請求
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

健康LABO

『テニス初心者上達のコツ』

2018年10月11日

こんにちは!

テニスは、老若男女誰でも楽しめるスポーツです!
まず、テニスを始められた方は何といってもラリー(打ち合い)を続けたいですよね!
そこで今回は、ラリーを続けるコツをご紹介します!

テニスラリー

テニス初心者がラリーをするための基本動作

ラリーとはボールを打ち合うことです。
まずはフットワークのコツからご紹介します。
ボールを打ち合うには、相手が返球してくる数秒の間にどんなボールがくるのかなどの予測やリズムを作ることが大切になります。
じっと構えてしまうと動けないので、足踏みなどをしながら相手の返球を待ちましょう。

 ラリーのコツ① フットワークの重要性 
まずはフットワークのコツからご紹介します。
ラリーを続けるためには『一歩目の動き出しを早くする』ことが大切です。
その方法として相手が打つのと同時に動くことを意識してラリーしましょう!

スプリットステップを覚えよう!

スプリットステップとは、相手が打つ瞬間に軽くジャンプをし、一歩目の動き出しを早くするステップです。
着地の瞬間と相手が打つ瞬間が重なるようにタイミングを合わせて行う基本のステップ方法になります。
コツとしては、ジャンプよりも着地でタイミングをとるようにしましょう。
また、着地の際は軽くかかとを浮かし、つま先を使うイメージで膝を柔らかく使い、ためた力を次の動作に活かすイメージで行うのがコツです。
動き出しを早めるのに重要なステップですが、初心者ではやってない人もいるため意識して『毎回』必ず行うようにしましょう!

 ラリーのコツ② リラックスしてラケットを持とう! 
ラリーをするために必要なショットがストロークと言います。(ワンバウンドで返球するショットのこと)。
ストロークといってもフォアハンド、バックハンド、両手打ち、片手打ちとあり、それぞれにコツや上達法は存在します。
しかし、すべてのショットに共通するコツは 『力を使わずに打つ』ということです。

テニスでは飛んできたボールの力を上手く利用することで、力がない人でもすばらしいショットを打つことができます。
そこでポイントとなるコツが、力を使わずリラックスして打つことです。
実は、テニスでは力を入れるほど動きが硬くなり、ボールに力が伝わりにくくなります。
だから…
強く打つには、まずはリラックス。
そして、ボールとラケットが当たるその瞬間だけ、強くラケットを握ります。

 ラリーのコツ③ きれいなフォームを身に付けよう! 
きれいなフォームを身に着けることの重要性を紹介します。
なかなか我流では、きれいなフォームが身に付きにくく、窮屈な打ち方をされている方を見かけます。
ラリーを続けるためには同じ動きを安定して行うこと、安定したフォームで打つことが重要です。
これには正しい指導とたくさんボールを打つことが大切になります!
テニススクールなどに通い、きれいなフォームを身につけましょう!


テニスクラブ コ・ス・パでは初心クラスが充実しており、専門知識を持ったコーチたちが自信を持って指導します!
また楽しく上達をモットーにレッスンを行っておりますので、楽しく通っていただけると思います。
スポーツの秋!テニスクラブ コ・ス・パで気持ちの良い汗をかきましょう!
お待ちしております!

 

一覧に戻る

PAGETOP